集中したいときはカカオ豆をかじる!?チョコレートで集中効果を得よう。

 

ここ一番頑張りたいときあなたはどうやって集中するでしょうか。コーヒーを飲んでケフェインを摂取するでしょうか。それとも集中できる薬などを摂取するのでしょうか。

 

人それぞれ集中するときに食べる食べ物があるかもしれませんが、その中でもずば抜けてお勧めなのがカカオ豆です。でもカカオ豆なんて食べたことないよ!っていう突っ込みが飛んできそうですし、そもそも売ってるのかどうか疑問ですよね

 

ちなみにカカオ豆はスーパーなどでは見かけませんが、ネット通販などでは50グラム500~1000円ぐらいで手に入れることができます。ちなみにローストされたカカオ豆はそのまま食べられる上に、独特の苦みがあっておいしいらしいですよ。

 

でも実際簡単に手に入るものではないので、代わりにお勧めしたいのは高濃度のカカオチョコレートです。チョコレート効果など、すごく濃いチョコレートは結構どこでも売られていて、お手軽に手に入れることができますよね。

 

今回はそんな高カカオチョコレートの効果をまとめていきたいと思います。

 

・FXや株のデイトレーダーはカカオ豆を食べる?

噂程度の話をしよう。

 

これは完全に友人から聞いた話なので本当かどうかはわからないのであらかじめご了承しただきたい。ちなみにこの友人は株、FXをしている友人である。

 

FXなどはたった一秒で目まぐるしくお金の金額が変わるものだから、取引中は常にお金の動きに集中しておかないといけないことは言わずもがな。

 

そのため、これらFXや株の世界で生計を立てている人達の多くはカカオ豆をありえないほど食べて頭を集中させるそうだ。

 

 

もちろんこれらはFXや株の世界のみかかわらず、ビジネスでの大きな取引の際に通訳する人などでも同じようにカカオ豆をかじるそうだ。とにかく頭をすごく使う人は共通してカカオ豆を消費しているそう。

 

これらの状況を見たチョコレート会社が、集中したいビジネスパーソン、学生に向けて高濃度カカオチョコレートを作ったのだとか。

 

・チョコレートは大昔、朝に飲まれていた?

カカオ豆はもともと、紀元前2000年ごろからメソアメリカで栽培されていたとされている。カカオ豆は当時とても高価な品物であり、通貨として流通していたとされている。

 

そもそも、チョコレートは当時今のような固形ではなくて飲み物だった。通貨をチョコレートに変えて消費できるのは一部の貴族のみだったとされる。

 

チョコレートはその当時、朝起きた時のけだるい時間帯に飲まれていて、眠気覚ましとして利用されていた。現代でいうところのコーヒーのようなもの。つまり、覚醒効果があったことは昔からわかっていたそう。

 

・チョコレートが集中力アップにつながる3つの理由

チョコレートが脳を集中した状態に持っていくことができる理由は大きく3つほどあります。

 

まず一つ目の理由としては、ブドウ糖が脳に働きかけるからです。人間の脳は人間が所有している臓器の中で最もエネルギーを消費する臓器であると同時に、ブドウ糖以外はエネルギーとならないことから、脳を効率よく働かせるためにはブドウ糖の摂取は必須です。

 

このブドウ糖をチョコレートは大量に含んでいることから、栄養補給にはもってこいであるといえます。

 

 

また、二つ目の理由として、テオブロミン、カカオフラバノールなどの成分が大量に含まれており、これが記憶力や集中力、思考力などを挙げる働きがあることがあげられます。

 

これら2つの成分は、コーヒーなどに含まれるカフェインなどと同じような効果ですが、カフェインと比べて吸収が緩やかであることから効果が持続しやすいとされています。

 

 

最後3つ目は大量のミネラルが含まれていることがあげられます。チョコレートにはビタミンEやナイアシン、亜鉛、マグネシウムなどに加えてアミノ酸やポリフェノールなど、脳の代謝を促進するための成分が多く含まれていることがあげられます。

 

・そのほかの効果もあるぞ、チョコレート。

脳の働きを促進するほかにも、高濃度のカカオチョコレートを摂取することで体の痛みが比較的少なくなったり、今まで以上に心が落ち着いて緩やかになったことなども報告されています。

 

また、血圧を理想的な値まで下げるなどのいろいろと利点があります。

 

・まとめ

今回はチョコレートが集中力あ記憶力を上げるために効果的な食品であることを紹介しました。過去の歴史などを見てもカカオ豆がいかに効果のあるものであるかがわかっていただけたのではないかともいます。

 

全くはかどらない仕事だけどちゃんとやらないといけない…といったときは高濃度のチョコレートをかじって頑張ってみると意外と集中できるかもしれませんのでぜひ試してみてくださいね。ではまた。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です