珉珉打破とエナジードリンクはどっちのほうが効果的なのか?成分をもとに比較

大事な勉強中や会議の前、どうしても寝られない仕事などで誰もが一度は
お世話になったことがあるであろうエナジードリンクや珉珉打破。
眠気覚まし系のドリンクだけでも数列できるほどその種類も豊富ですよね。

ですが実際のところどの程度効果があるのかということや、
どのドリンクがもっとも効果があるのかについて考えたことってありますか?
僕は今までとりあえずレッドブルやモンスターエナジーを
飲んで覚醒した気分になっていましたが、本当に効くドリンクって一体どれなのでしょうか。

今回はカフェインなどの摂取量をもとに、
珉珉打破、レッドブル、モンスターエナジーの3種類を比べてみたいと思います。

■ どのドリンクも覚醒させる基本成分は大体カフェイン。

どのエナジードリンクも覚醒させるための主成分は大体カフェインです。
カフェインは日ごろの摂取量や年齢などによって効果の出方が様々です。
日ごろカフェインを摂取しない人にとっては素晴らしく覚醒するようですし、
日ごろから摂取する人にとってはコーヒー2杯分のカフェインを
摂取してもそれほど変化がありませんね。

慣れている人不慣れな人にともに共通していえることは量が多ければ多いほど効果は
抜群であるということなので今回はカフェインの量が
最も多いのはどれなのか決めていこうと思います。

なお、普段カフェインを摂取しない人がいきなり大量のカフェインを摂取した場合には吐き気、
下痢などを催す場合がございますので十分に注意してくださいね。

■ 珉珉打破の成分

珉珉打破はアルギニンやハーブがミックスされた、起きておくための飲料です。
小さい斌50mlで300円と結構高めです。ちなみにコーヒー味。

そんな珉珉打破の成分は、カフェイン120mg配合。
一般のコーヒー一杯分のカフェインは大体10mg程度と呼ばれているので
それの120倍とかなり濃いカフェインが入っています。

また、アルギニンや7種類のハーブが含まれているほか、カフェインの吸収を強める働きを
持つビタミンBを含んでいますので、効率よく効果が出せるように設計されています。

■ レッドブル

「翼をさずける」「ココロ、カラダみなぎる」で有名なレッドブル。
アスリートはもちろんのこと、ミュージシャンやロングドライバーなども愛用しています。
テスト前の心強いお供ですね。

そんなレッドブルのカフェインの含有量は80mg。珉珉打破と比べると少し少なめですね。
また、カフェインのほかにはアルギニンやビタミンB群が
多く含まれているのは珉珉打破と同じ。あとは砂糖が大量に含まれていることと、
アルプスの水が使用されていることがこの商品の売り。

■ モンスターエナジーの成分について。

モンスターエナジーはコカ・コーラが発売するエナジードリンクであり
レッドブルのライバル的な存在ですね。

そんなモンスターエナジーのカフェイン含有量は他よりも大きい142mg。
ビタミンB群も当然含まれているほか、
高麗人参やナイアシンなどほかにはない成分も多く含まれています。

ただし、355mlと、ほかの飲み物と比べ内容量が多く飲みにくい点は欠点でしょうね。

■ まとめ

比較の結果、珉珉打破以上にモンスターエナジーがカフェインが多いという
予想外の結果にまとまりました。値段的にもモンスターエナジーのほうが手ごろです。

ただし量が多いので場面場面で使い分ける工夫が必要といえそうですね。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です